忍者ブログ
 ~~北京で中医学を勉強していたやまねこの日記(2008年7月帰国)~~
[158]  [157]  [156]  [154]  [155]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2月後半、tomokichiちゃんと一緒に雲南に旅行に行ってきました。
tomoちゃんと会うのは、前回シルクロードの旅以来、約半年ぶり。
今回も現地集合で雲南省の省都・昆明の空港で待ち合わせました。
昆明に着いてまず感じたことは、寒い!ということ。
位置的に、台湾や香港と同じくらい暖かいはず・・・と期待していたら
実は標高が1900mほどの高原にあり、暖かくなかったのだ。
しかも、その日は昆明でも30年ぶりの寒さ、という日だったのでした。
ああ、ダウン着てくればよかったよ~~(涙)。
仕方なく、もって来た服を何枚も着込み、マフラーや手袋を購入、
ポケットと靴の中には使い捨てカイロを仕込んで防寒するハメに。

さて、まず最初に行ったのは、昆明市郊外にある西山森林公園。
そこにある道教の石窟、龍門石窟はガイドブックによると
昆明に来てここを訪れない人はない、と言われるほど、とのこと。
これは絶対に行って見なければなりません。
がけに沿った階段をのぼってのぼってのぼって・・・
やっと龍門の文字が見えてきました!!
20080317_01.jpg

・・・というのは、ウソでぢつは、先にリフトで上まで上がって
下りながら石窟に行ったのでした。上の写真はヤラセです(笑)。
石窟は、数ヶ所ありましたが、敦煌などの石窟のように、たくさんの
石室が並んでいるのを想像していたやまねこたちにはちょっと
期待はずれでした。せっかく来たのでいかにも、な記念撮影。
20080317_02.jpg

でも、ここからの滇池の眺めはなかなかキレイでした♪
20080317_03.jpg

翌日は朝から石林への1日ツアーに参加しました。
最初に連れて行かれたのは、どこかの禅寺。
中に入ると、和尚さんがみんなの首に赤い布をかけてくれます。
胸にはツアー客のしるしの丸いシール。
門を出るときに、そのシールをこの金ぴか仏像の背中のなるべく高い場所に
貼り付けるとご利益がある・・・というので、背伸びして貼ってみた。
20080317_04.jpg

お昼ごはんを食べて、午後やっと石林へ到着。
ここは2007年にユネスコの世界遺産に認定されたばかり。
ガイドブックには後期古生代にできたカルスト地形である、との説明。
確かに壮大な風景で、最初はほほーっと思ったけれど、
どこを見ても同じような岩ばかりであんまりおもしろくない。
どうもやまねこは、大自然の造詣よりも人が造ったものの方が
おもしろい、と感じてしまうのですよね。
何かに似てる石には、××石、なんて名前がついてます。
さてさて、では右下の石は何石という名前でしょうか?こたえ:猫石です)
20080317_05.jpg
片隅では少数民族の踊りなんかを見せてくれたりして
なんとかあきさせない工夫(?)をしているようですが・・・あきた!!
ツアーの滞在時間がそこそこ短かったのでよかったです。
以前にここに来たことのあるT湾人は、丸1日かけて観光したらしいのですが
「そんなにおもしろかったの?」と聞くと「高い入場料を払ったから」
いうのが理由でした。やまねこ的にはまったく意味不明の行動だ。
ちなみに、そのとき同行していた西洋人は最初から最後まで
「おーっ、わんだほ~~!」と言い続けて心から楽しんでいたらしいです。
人の好みって、ほんと、それぞれですね。

3日目。またまた1日ツアーに参加して九郷というところへ。
同じ会社のツアーだったのですが、なんと昨日と同じ禅寺へまた
連れて行かれた!!どうも、みやげ物屋と同じように契約している様子。
観光客におみくじを引かせて、厄払いの祈祷をするように勧めるのです。
当然、それは有料なわけです。
きっとそこからツアー会社にバックがあるんでしょう。

こんなことに数時間ムダに過ごすなんてなんだかなー。
でも、個人で行くと不便だし、しかたありませんね。
やまねこたちは、もうお寺に入りたくもなかったのですが
お寺の中の食堂で昼食ということだったので仕方なく入場し
ずっと食堂でお茶のんで待ってました。
雨ですごく寒かった~~~(涙)。

午後、メインの九郷に到着。
まずは蔭翠峡というところでボートに乗って、渓谷の景色を楽しみます。
なんとか雨もあがって、よかったよかった♪
しかし、一度に大人数の観光客が何台もボートを連ねて行くので
かなり風情にかけましたね。
ま、自分もその中の一員なんですけどね・・・。
20080317_06.jpg

渓谷を見た後は、鍾乳洞へ。カルスト地形ですからね。
しかし、鍾乳洞の方は、どこで見ても同じような雰囲気、
特別珍しいものでもありませんでした。
やまねこは、上の写真の渓谷が見たくてここに着たので
もうお目当ては終わってしまい、鍾乳洞観光はオマケのようなもの。
このライトアップの色も、ちょっとびみょ~だ(笑)。
20080317_07.jpg

昆明の名物料理、過橋米線という麺を食べたくて、お店を探しに行くと
市場っぽい通りに入り込みました。
表通りは道も大きくあまりどこの街も雰囲気が違わないけど
こういう裏道に入ると、それぞれの街に個性があっておもしろいです。
20080317_08.jpg

道行く人にお店の場所を聞くと、「そこはおいしくない!」などと言われ
違う店(しかも、遠い)に案内されそうになったのですが、
なんとか目的のお店、福華園ににたどり着くことができました。
過橋米線は、お米で作った麺、具、スープが別々に出てきます。
そして、生の肉類→野菜→麺、の順にスープに入れて食べます。
でも、そのスープがちょっとぬるかった・・・。
やっぱり、地元の人が言うようにここの店はよくなかったのかも?
20080317_09.jpg

鉄道をテーマにしたレストラン、1910火車南站
服務員さんたちはみんな鉄道員の制服でした。
料理は雲南料理で、おいしかったです。わりとピリ辛な味付けです。
20080317_10.jpg

こちらも雲南料理のお店、1915懐旧餐廳
(店名に4桁の数字をつけるのが流行ってるんでしょうか??)
ここでは、石林ツアーで出会った日本人の方お二人と一緒に
4人で食事したので、普段の倍、いろんなモノを注文することが
できました。やっぱり中華は大人数で食べるのがいいですね。
(その中のお一人、上海に住むnatsさんのブログ→雲南旅行記・昆明編

右下が、雲南名物の汽鍋鶏という料理。
真ん中に煙突のようなのが突き出た素焼きの土鍋で調理された鶏スープです。
これは、キノコ入りの山珍汽鍋鶏。温かくておいしかった~~♪
(暖房が入ってないので、レストランの中でもほんとに寒かったのです。)
左下は、沖縄のカーサームーチーにそっくりのお餅。
お餅が皮から剥がれにくいところまでそっくりでした。
食感も似てましたが、こちらは中に甘い餡が入っていました。
20080317_11.jpg

そして、これは石林の近くでおばさんから買った人参果というフルーツ。
他の所で売っているものはみんな、もっと大ぶりで味も大味だったのですが
この小ぶりの人参果は、とっても甘かったのです。
種のまわりの部分まで全部おいしくいただけました。
それ以来、こんな小ぶりの人参果を見たことがありません。
もっと買っておけばよかったよ~~。
20080317_12.jpg



    

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
旅行記ありがとう
お久しぶりです。旅行記楽しく拝見しました。
中国には行く気がしないので、やまねこさんの旅行記で大満足です。先ほどの台湾人のコメントはまさに大阪人ですね。大阪のおばちゃんに聞いたら、同じ答えが返ってくると思いますよー
それからチベットは大変ですね。中国のことやから国内では報道管制されてると思うけど、死者が百人近く出てしまって、国際的な問題になってますよー。この文章も削除されるのかな?早く帰っていらっしゃい!!!
それからこの日曜日、イルカのメンバーと三島亭ですき焼きを食べに行きまーす。
panja 2008/03/18(Tue)11:41:07 編集
Re:旅行記ありがとう
そっかー。T湾人と大阪人には共通するものがあるのか~(笑)。

ニュースはいつもネットで日本のをチェックしてて
C国がなんて言ってるのか、見てなかったんですが・・・
ネットで新華社通信をチェックしてみたら、17日の発表で
死者10名、生命の危険がある重体2名ってことになってますね。
C国的には「すでにTIベットは秩序を取り戻した」そうです。
「平和を乱したダRAイ・RAマは裁かれるべきだ」
「ダRAイ・RAマグループの破壊活動は失敗した」
「世界のどこの国もTIベットを独立国とは認めていない」
「ダRAイ・RAマが独立をあきらめるなら対話の余地あり」などと
ダRAイ・RAマを悪者に決めつけてる様子。
去年の夏、平和なうちに旅行に行っておいてよかった~♪

tomoちゃんが、今月いっぱいで帰国しますよ。
やまねこも4月にちょっとだけ一時帰国するので
ダイビングバーに遊びに行きますね!!
【2008/03/19 09:36】
無題
昆明旅行はどの旅行社も同じツアーを組むのでしょうか?私も同じところに行きました。
大仏?にシールも張ってきました。ガイドの話はちんぷんかんぷんでした。
あーなん 2008/03/18(Tue)18:48:35 編集
Re:無題
えっ!?あーなんちゃんも、あの禅寺に!?
ほんとにどこのツアーも行くことになってるんや~。
やっぱり完全に「契約」してるよね・・・お寺なのに。

ちんぷんかんぷんなガイドの話なんか、わたしたちも無視して
勝手にあちこち見て、写真撮って先に出てきましたよ。
【2008/03/19 09:39】
岩・・・・
大自然ってはじめは感動するけど見ているうちに飽きてくるよね。分かる分かる・・・
びみょ~なライトアップも何だかな~。
やっぱり食べ物レポートが面白い!このフルーツ美味しいの?
キャサリン 2008/03/19(Wed)01:06:05 編集
Re:岩・・・・
もう、めちゃくちゃ美しくて癒されるような絶景だったら
ゆっくり見ていたい気がするけど、珍しいってだけじゃね。
ちょっと見たら、もう満足しちゃうよね~。

>やっぱり食べ物レポートが面白い!このフルーツ美味しいの?

うん、この小ぶりのやつはかなり美味しかった!!
でかいのは、味が薄くてそこまで美味しく思わないんだけど。
やっぱり、旅は食が重要だよね♪♪
【2008/03/19 09:44】
楽しそう
いつも楽しいプログ拝見しています。ダーリンとも見てはこんな風に写真を貼り付けたな・・・と話していますが出かけてはデジカメを忘れたり・・・。ダメダメですね。これからもプログ楽しみにしています。楽しんで下さいね。
かみちゃんシーサー 2008/03/19(Wed)09:44:47 編集
Re:楽しそう
そうそう、シーサーさんも日記にいろいろ写真を貼って見せてね!!
雲南の旅・その2には、いよいよ(?)シーサーそっくりの
かわらで作った猫が登場します。これは絶対にシーサーさんの
ダーリンに見て欲しいな~~。
【2008/03/19 09:54】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:
COUNTER
CALENDAR
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
COMMENTS
[11/24 ジョウイー]
[11/13 キャサリン]
[11/13 MOTO]
[11/12 sakuya]
[11/12 sakuya]
[10/28 キノピー]
[10/26 tomokichi]
[10/25 ちゃこ]
[10/25 みっちゃん]
[10/24 パンジャ]
PROFILE
HN:
やまねこ
性別:
女性
職業:
もっぴゅるのはは
趣味:
旅行・ダイビング・だらだら
自己紹介:
北京で中医学(主に漢方薬)の勉強してましたが、あまりモノにならないまま帰国してしまいました。
昔、何かの姓名占いで『浮き草人生』っていう結果だったんですが、とってもその通りの人生おくってます。
RECOMMEND
Mitraがとくにお気に入り♪
SEARCH THIS BLOG
BARCODE
忍者アナライズ
忍者ブログ * [PR]