忍者ブログ
 ~~北京で中医学を勉強していたやまねこの日記(2008年7月帰国)~~
[137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シルクロードの旅の最後の街、カシュガルにやってきました。
中国というよりは、まったく中央アジアな雰囲気で異国情緒たっぷり。
ウルムチよりもさらに西なので、日没はさらに遅く、21時頃。
夕食の時間はその頃から始まります。それに合わせて食事しているうちに、
だんだん体内時計が狂ってきて夜中2~3時にならないと、眠れなくなってきました。


ますは、街の中心、エイティガール寺院(艾提尕尔清真寺)へ。
この寺院の前は広場になっていて、大きなスクリーンが設置されていました。
なんだか、せっかくの雰囲気ぶち壊し・・・って感じです。
大スクリーンは、やっぱり都会のビルだけにしてほしい。

20070927_01.jpg


寺院の後ろには、職人街が広がっています。
いろんな専門店があって、見てるだけですごくおもしろ~い。
不思議な楽器のお店、きれいな箱のお店、帽子ばかり並べたお店・・・・・・。
ここに写真はありませんが、なぜか、やたらに目に付いたのが歯医者さん。
カシュガルの人たちは甘いものが好きだからかな??
そして、歯医者さんって、職人さんなんだー、と、妙に納得。

20070927_02.jpg


もちろん、美味しいものも見つけましたよ~。

20070927_03.jpg

①ぺったんこで、黄色い無花果。いちじくの葉に包んで渡してくれます。
 甘くておいしかった~。(でも、ちょっと下痢してしまった・・・)
ソフトクリーム。これは・・・粉っぽい味だった。KFCやMaCのやつの方が美味しい。
ゴーヤーがオレンジ色のフルーツに!?割って、種の周りの赤い部分を食べます。
 見た目はコワイけど、味はほのかに甘かった。よく熟れた柿のような味・・・かな?


20070927_04.jpg

上:サモサ屋さんでは、たまたま相席したこの親切なおじさんが
  おごってくれました。ありがとう
下:牛ミンチのカバブがとっても美味でした~。日本人だとわかると、右の少年が、
  自分の写真の載った日本のガイドブックをうれしそうに見せてくれました。


カシュガルの観光スポットは・・・イスラム寺院の他は誰かのお墓ばっかりです。
ここは、アパク・ホージャ墓(香妃墓)。
16世紀末のイスラム教の指導者とその家族のお墓だそうですが、香妃(乾隆
皇帝のウイグル人の妃)がここに葬られたという誤伝のせいで、香妃墓と
いう通り名で呼ばれています。
屋根や壁の緑のタイルがとてもきれい(かなり剥がれていたけど)でした。

20070927_05.jpg


外へ出て門のところで写真を撮っていると・・・中から出てきたおじさんが
いつまでもどいてくれずに、前にじっと立っています
しかたなくそのまま撮影したら・・・近づいてきて写真を見せてくれ、と。
怒ってるのかな?と心配しつつ、言われるままに見せたら、満足そうに
にっこり笑って去って行きました。カシュガル人は写され好き・・・?

20070927_06.jpg


次はユスフ・ハズ・ジャジェブ墓(玉素莆・哈斯・哈吉莆麻扎)。
ウイグル人の有名な思想家(写真右上の胸像の人)のお墓だそうです。
こちらは、青を基調とした美しいタイルの建物でした。人もほとんどいなかったので、
建物の中も写真が撮れました。左下が棺です。

20070927_07.jpg

さてさて・・・週末を狙ってカシュガルにやって来た最大の目的は
毎週日曜日に行われる大バザールです。
どんな様子か、朝からはりきって見に行ってみました。
道路中がすごい賑わいです。裏道までぎっしりと何か並べて売ってる人、人、人。
便器と香辛料が並んで売られていたり(右上)、1種類の商品で勝負する人(左上)もいます。
バザールにはやまねこたちが買えそうなものはあまりなかったけど、すごい活気で
見てるだけでなんだかワクワクして、おもしろかった~
哈密瓜だけは安くて美味しかったのでカシュガルの道端で何回か買いました。

20070927_08.jpg


シルクロードの旅のあいだ、全然ネコを見かけなかったのですが、このバザールで
初めて1匹だけ見つけました。帽子を並べて売っていた女性が連れて来ていた
飼い猫で、ひもにつながれていました。かなりスリムなネコでした。

20070927_09.jpg


次は、カシュガルで美味しかったレストランを紹介しましょう。
まずは通りすがりに何気に入ったお店、烏公鶏特技炖鶏殿
4時間かけて煮込んでいるという店長さん(写真の方)自慢の地鶏のスープ
一品で勝負のお店です。あっさりしていて、とっても美味しかったです。
スープを取ったあとの鶏肉も、やわらかくておいしくいただけました。
場所は、色満路が雲木拉克夏路に突き当たるT字路のところ。
営業時間は北京時間の13~24時(ラマダン期間は21~24時)。
羊料理に飽きたときには、ぜひ試してみてください!

20070927_10.jpg


カシュガルで最も高級な店、とガイドブックに書いてあったレストラン、ORDA
ポロ(炊き込みご飯・写真左下手前)がめちゃくちゃ美味しかった!!!
炊き込みごはんの腸詰(写真右上)もいけました。ちょっとイカメシっぽい感じ。
食事時はほんとに混んでいるので、予約して言ったほうが無難です。

20070927_11.jpg


紡績工場の中にある阿布都克力木飯館
ラグメンが美味しいと評判の店、とガイドブックに書いてありましたが、
トルファン・ウルムチでのツアーの昼食に食べたラグメンが全然おいしくなかったので
ラグメンとはこんなもんなんだろう、と正直、あまり期待していませんでした。
でも、それは間違っていました。このお店のラグメンはほんとに美味しかった。
感動的なまでに美味しかったのです!!
羊肉の臭みはまったくなく、とっても香ばしい。ピーマンなどの具もたっぷりぜいたくに
入っています。シシカバブもスパイシーで美味しかった。
カシュガルに行くなら、絶対ここに食べに行くべきです
日本の新聞に紹介されたことがある、というのも納得の味でした。

20070927_12.jpg


カシュガルは小さい街ながら、いろいろ美味しいものがあり、また、
人々も陽気で人懐っこくて親切で、すごく印象がよくほっとする街でした。
C国にいる感じがしません。値段交渉なんかもゆるゆるでした。

でも・・・C国っぽいものも発見。
街角の自転車屋さんや、停めてある自転車にワケのわからない平仮名
書いてあるのです。どうも、外国製っぽく見せかけて売っている模様です。

20070927_13.jpg
20070927_14.jpg

上の「にもくたいわ」の側面には「日木たいわ」と漢字の混ざった
表記もありました。もしや日本たいやとでも書きたかったのか??
他にも「びしんせい」「ひほさきふめ」などの、意味不明なナゾの言葉が。
「ひほさきふめ」は下の写真のような永久保証書付きでした。
誰が修理するんだか・・・・・・(苦笑)。


最後は、旅の終わりに空港で撮った写真。
ぱっと見ると特別な写真には見えませんが・・・実はコレは合成写真なのです。
tomokichiちゃんのカメラには、カップルが一緒に写真に写るためのキノウが
付いていて、別々に一人ずつ同じ場所で撮影して、1枚に合成できるのです。
まるで、2人で座って、誰かに撮ってもらったみたいでしょ~?
でも、失敗するとカラダの一部が消えていたりしてコワイです。
(どっかのお墓の前でとった写真では、やまねこの指先が消失!
まるで心霊写真状態になってしまってました・・・)

20070927_15.jpg

このあと、やまねこは北京、tomoちゃんは上海への帰路につきました。
シルクロードの旅日記に長らくお付き合いいただきありがとうございました~!!



    

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
本当に 楽しい旅だったんですね~~~うらやましい~♪

家はチビちゃん達がいるので 旅行は諦めてますよ~かわりに やまねこちゃんのブログ読んで 楽しんでます♪
あんず 2007/09/28(Fri)23:54:42 編集
Re:無題
>家はチビちゃん達がいるので 旅行は諦めてますよ~
かわりに やまねこちゃんのブログ読んで 楽しんでます♪

そうだね・・・置いていけないもんね。やまねこは、悪い母だなぁ。
お友達の家に愛猫を預けてへーきで留学なんかしちゃってるし。

ブログ、読んでくれてありがとう!
明日からまた旅に出るので、戻ったら報告しま~す。
【2007/09/30 19:16】
お疲れ様~!
tomokichiは自分では書かず、最後までやまねこさんの旅日記を見て楽しんでました・・・(笑)
しかし、楽しい旅でした~。
特にこのカシュガルが!
そして現地時間に時差ぼけした私たちは最期の夜にTVで“ダイ・ハード”を見て4時半まで起きていたのでした・・・。
tomokichi 2007/09/29(Sat)01:03:52 編集
Re:お疲れ様~!
>tomokichiは自分では書かず、最後までやまねこさんの旅日記を見て楽しんでました・・・(笑)
>しかし、楽しい旅でした~。
>特にこのカシュガルが!

西へゆくほど、なんか人々もほんわかしてきて、「旅行者からは
カネをふんだくってやるぞ~」みないな雰囲気がなくなってきたよね。
カシュガルが一番、観光客ずれしていない素朴な感じの街でした。
昔行ったウズベキスタンを思い出したね~。あれは完全ツアー旅行で
食事がかなり辛い旅だったけど、今回は好きなもの食べれて幸せだったね♪

>そして現地時間に時差ぼけした私たちは最期の夜にTVで“ダイ・ハード”を見て4時半まで起きていたのでした・・・。

やまねこは北京にもどっても1週間くらい時差ボケ続きで夜、眠れなかったの。
でも・・・寝る前に教科書を読むと3分で眠れることに気づいてからは
大丈夫になったよ!(というか、昼でも夜でも教科書を読めば寝てしまうのだ。
これでは永遠に勉強できない・・・・・・)
【2007/09/30 19:22】
楽しそうでした
二人の行動が創造できるような、旅行記でしたねー
この町は中国というより、中近東の町という感じです。
イスラム圏も様々ですが、頭からスカーフ巻かなくてもいいんですか?
マレーシアやインドネシアみたいな位置づけのイスラム圏なんかなー?
panja 2007/09/29(Sat)09:45:20 編集
Re:楽しそうでした
>二人の行動が創造できるような、旅行記でしたねー

やまねこ&tomokichiちゃんは、旅行にはなかなかよいペアだと思います。
好みも似ているし、お互いのぬけてるところを補い合えるし。
女性同士でなければ、結婚生活も可能だったかも~(!?)。


>この町は中国というより、中近東の町という感じです。
>イスラム圏も様々ですが、頭からスカーフ巻かなくてもいいんですか?
>マレーシアやインドネシアみたいな位置づけのイスラム圏なんかなー?

モロッコに行ったときは、女性はかなり真剣に顔全体を隠してました。
カメラにもすごく過敏に反応してよく「撮るな!」とおこられた。
でも、カシュガルは真剣に被ってる人もいるし、オープンな人もいる、と
いう感じです。ウズベキスタンもこんな感じでしたね。
マレーシアは、みんなずきん風に巻いてて、顔も隠してないですよね。
色もカラフルで、もう完全にファッションになってますね。
【2007/09/30 19:33】
きょう☆まおみ〜
きょう☆まおみ〜☆は場所変化したかったの♪
BlogPetの☆まおみ〜☆ URL 2007/10/02(Tue)14:38:39 編集
いいなぁー
はじめまして。
カシュガル行ってみたいとずっと
思っていた地です。
シルクロードの旅はぜったいにいつか
したいですーーー!
おいしいものもいっぱいありそうですね!
dairu URL 2007/11/24(Sat)23:25:20 編集
Re:いいなぁー
dairuさん、はじめまして!!
カシュガルは中国っぽくなくて、とてもいい感じの街でした。
シルクロードを旅されるなら、ぜひカシュガルまで行ってきてくださいね!
おいしいものも、想像以上にたくさんありましたよ♪
【2007/11/30 22:25】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:
COUNTER
CALENDAR
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
COMMENTS
[11/24 ジョウイー]
[11/13 キャサリン]
[11/13 MOTO]
[11/12 sakuya]
[11/12 sakuya]
[10/28 キノピー]
[10/26 tomokichi]
[10/25 ちゃこ]
[10/25 みっちゃん]
[10/24 パンジャ]
PROFILE
HN:
やまねこ
性別:
女性
職業:
もっぴゅるのはは
趣味:
旅行・ダイビング・だらだら
自己紹介:
北京で中医学(主に漢方薬)の勉強してましたが、あまりモノにならないまま帰国してしまいました。
昔、何かの姓名占いで『浮き草人生』っていう結果だったんですが、とってもその通りの人生おくってます。
RECOMMEND
Mitraがとくにお気に入り♪
SEARCH THIS BLOG
BARCODE
忍者アナライズ
忍者ブログ * [PR]