忍者ブログ
 ~~北京で中医学を勉強していたやまねこの日記(2008年7月帰国)~~
[92]  [89]  [91]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前からものすごく気になっている場所があります。
沖縄のGちゃん宅の近くにあるので、何度かその前を通りました。
そこは一般の住宅のようでもあり、集会場のようでもあり、
たいへんに不思議なナゾの場所なのです。

まず、その細い道には「龍神通り」という名前がついています。
どうも、そのおウチの人が勝手に名づけたもようです。
何ヶ所かに「龍神通り」という手作り標識がたっています。
そして、そのおウチは手作りっぽい龍の塀にぐるりと囲まれています。
龍にはナゾの少年が乗っています。沖縄の民話か何かでしょうか??
(『まんが日本昔ばなし』でも、「坊や~、よいコだねんねしな~
の歌とともに龍に乗った男のコが出てきてたしね。)
塀はハデですが、中の建物はごく普通のおウチに見えますね。
20070610_1.jpg


正面に回ると「琉球王家 秘伝古武術舞手、本部サール
三角跳から按司舞方まで指導・・・」
などという看板があります。
本部サールって、どういう意味なんでしょう???三角跳って??
そして、誰もいないのに、木陰からはなぜかラジオか何かの音がします。 
いったい誰に聞かせるために流しているんでしょうか・・・??
不思議なことだらけです。
20070610_2.jpg


この場所はいかにもパラダイスなニオイがします。
小枝探偵さんにぜひ調査に来てほしいです。



    

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
舞手本部流
はいさい、やまねこさん。
初めまして、さくもとと申します!
やまねこさんが、気になるこの写真の場所へ集まっている門下生です。
琉球王家の秘伝を学んでいます。(古武術)
もし、興味があれば、次回沖縄へいらっしゃる時にでも、見学に、めんそ~れ~!
やまねこさんが、気になっている事が、分かって頂けると思います。

さくもと URL 2008/02/11(Mon)11:14:38 編集
Re:舞手本部流
さくもとさん、はじめまして。
最近忙しくてブログもさぼり気味のやまねこです。
コメントありがとうございます。

さくもとさんはこちらの門下生の方なのですね。
舞手本部流のサイトの写真、眼光鋭い方達が並んでおられますね。
琉球王家の秘伝古武術ですか。かっこいい~。
龍神通りの写真のほんわかした雰囲気とは随分違う・・・(笑)。

関係ない人でも見学に行っていいんですか?
では、半年後には沖縄に帰る予定なので
機会を見つけて見学に行かせていただきたいと思います!!
【2008/02/14 00:55】
Re:Re:舞手本部流
>Re:舞手本部流
さくもとさん、はじめまして。
最近忙しくてブログもさぼり気味のやまねこです。
>コメントありがとうございます。

いえいえ、とんでもない!
やまねこさん、
レスありがとうございます!

まさか、道場の周りを掲載して、記事にしている方がいるとは夢にも思っていませんでしたし、興味を持って頂けて、嬉しく思いました!


>さくもとさんはこちらの門下生の方なのですね。

はい、そうです。

>舞手本部流のサイトの写真、眼光鋭い方達が並んでおられますね。
琉球王家の秘伝古武術ですか。かっこいい~。
>龍神通りの写真のほんわかした雰囲気とは随分違う・・・(笑)。

^^; ^^; ^^;


>関係ない人でも見学に行っていいんですか?
では、半年後には沖縄に帰る予定なので
機会を見つけて見学に行かせていただきたいと思います!!

関係ない人ではないですよ!
同じうちな~んちゅですから
先生の話だと、たまに観光客が入ってきて...。
いずれは、観光名所になるのでは?と感じています!
中に入ると、もっと面白いと思います!

では、半年後を楽しみにしてます!
稽古日は、月・金です!
ではでは...
さくもと URL 2008/02/26(Tue)23:32:58 編集
Re:Re:Re:舞手本部流
ありがとうございます!ぜひ遊びに行きたいと思います。
(でも、やまねこはぢつはうちな~んちゅではなく、勝手に沖縄に住み着いているだけなんですけど、許されますよね?)

観光名所にするには・・・よく三線とかシーサー作りなんかでやってるように、観光客の方を対象にした琉球古武術体験教室をされたらいいんでは?案外はやるかもしれませんよ。
【2008/02/27 13:54】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:
無題
東洋医学は4000年の歴史を誇っている医学で、耳にはさまざまなつぼが集約されていると言われています。 耳つぼは中国の耳針療法から発祥し、治療法は紀元前の書物「内径」の中で書かれていて、かなり昔から治療法としては確立されているものだと言うことが分かります。 近年は耳つぼは中国独自のものだけでなく、国際的にも研究されていて、1957年フランスのP.Nogier氏は耳と人体の関連性の対しての結果を耳...
URL 2007/08/20(Mon)00:44:24
COUNTER
CALENDAR
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
COMMENTS
[11/24 ジョウイー]
[11/13 キャサリン]
[11/13 MOTO]
[11/12 sakuya]
[11/12 sakuya]
[10/28 キノピー]
[10/26 tomokichi]
[10/25 ちゃこ]
[10/25 みっちゃん]
[10/24 パンジャ]
PROFILE
HN:
やまねこ
性別:
女性
職業:
もっぴゅるのはは
趣味:
旅行・ダイビング・だらだら
自己紹介:
北京で中医学(主に漢方薬)の勉強してましたが、あまりモノにならないまま帰国してしまいました。
昔、何かの姓名占いで『浮き草人生』っていう結果だったんですが、とってもその通りの人生おくってます。
RECOMMEND
Mitraがとくにお気に入り♪
SEARCH THIS BLOG
BARCODE
忍者アナライズ
忍者ブログ * [PR]